沖縄の悪いところや変なところを徹底暴露! 沖縄移住のための情報を提供

Half Awake In Okinawa 沖縄夢現

沖縄の悪いところや変なところを徹底暴露!

沖縄移住のための裏情報、聞いて驚け!来て驚け!沖縄の実情

 沖縄移住は今や大きなブーム。毎年多くの人が沖縄移住しています。今まさに計画を立てている人や、定年後は沖縄へと考えている人もいるでしょう。
 私は沖縄に移住して15年になるのですが、もちろん気に入って住んでいます。しかし、移住はしてきたが、風土や食べ物に馴染めず、帰っていく人も少なくはないのです。

 生活環境・住宅・不動産・引越・仕事・求人・学校・教育・食生活、問題は色々。日本の南端に位置する沖縄は、その昔琉球王国であった異国の地、ほとんど外国!本土とは異なる習慣や、考えられないような状況があるのです。
 あこがれの楽園と思って来ても、実際は挫折や後悔を感じる人もいるのです。

 沖縄の良いところを記述したサイトは、数多くあります。そこで、あえてこのサイトは沖縄の悪いところや、変なところを徹底暴露、知らずに移住するととんでもないことになる!そんな移住希望者必見の沖縄体験談と裏情報を、日々綴り御紹介します。


     Half Awake In Okinawa 沖縄夢現 ゆめうつつ

サンドイッチシャープ復活?

サンドイッチシャープ復活? 沖縄に永く住んでいるとたいがいのことには驚かなくなるのだが、久しぶりに妙なものを見つけてしまった。サンドイッチ・シャープだ。鋭いサンドイッチなのかなー?

 あまりに気になったので入ってみた。なんと普通の食堂だった(笑)。その上サンドイッチはなかったのだ。
 店の人に話を聴くと、サンドイッチシャープは、食堂のことらしい。戦後米軍の占領下で、おそらくアメリカ人のサンドイッチ・ショップという発音がそう聞こえたのだろう。改めて考えるとshop は「ショップ」より「シャープ」に近い気がする。アメリカ風に食堂の事をサンドイッチシャープと呼ぶのがはやりだったのかもしれない。

 年配の知人に聞くと、「懐かしい」と言う人が多い。かつてはたくさんあったらしい。つまりサンドイッチシャープは固有の店の名前じゃなくて一般名詞なんだね。さらにおもしろいのはサンドイッチなど売ってなくて、メインは「すき焼き」だということだ。ご飯とみそ汁のついたすき焼き定食なのだ。なかなか旨い。(写真は撮り忘れてしまった)

 この店はできたばかりで、サンドイッチシャープを復活させたかったオーナーの夢実現のお店らしい。沖縄に来たらぜひ行ってみてください。

 あ、ご飯にマーガリンをかけて食べると旨いらしい(笑)

 場所は中頭群北中城島袋 NBCの近です。

ナイチャーってなんだ?

 沖縄の人は本土の人のことを「ナイチャー」と呼ぶ。語感が良いので僕はわりと好きなのだが、この言葉は一時期あまりよい意味ではなかったらしい。もしかしたら今でもそういう感覚があるのかも知れない。
 仲の良い知人が「ナイチャー、いやごめんなさい。内地の人は…」などと言い直すことも何度かあった。こちらは感じなくても「ナイチャー」と言う言葉に後ろめたさを感じたのだろうか。少なくとも那覇に住んでいる僕にとっては沖縄人・本土人による区別も差別も違和感も感じることはない。
 沖縄人みたいな「ナイチャー」を「島ナイチャー」、沖縄人なのに本土の人みたいに振舞う人を「ナイチャーしまー」と言うんだと笑いながら話してくれた友人には、微塵の偏見も違和感も感じることはない。昨今の沖縄は正に日本の一都道府県なのである。

 それでも、小学校に通う本土の子供が、いじめられるわけではないが、耳元で「ないちゃ〜」とささやいて笑いながら去っていく、なんてことがあるのも事実なのだ。

オープンカーで走る沖縄の夏!

 オープンカーなんて最近は言わない。コンバーチブルだな。これに乗りたかった。もうずいぶん前になるがやっと手に入れたのが赤いカプチーノだ。これは良かった。走行性能もスタイルも最高だった。
 沖縄の抜けるような青空の下、爽やかな風を受けながら、エメラルドに輝く海を横目に海岸線を走りぬける。まるでアメリカ西海岸のイメージだ。
 軽自動車にしてはちょっと高価だったが、撫で回したいくらいお気に入りの車だった。わずかな傷でも許せない宝物の車を手に入れたのだ。
 しかし、現実は甘くなかった。それは、暑いのだ。猛烈に暑いのだ。まぁ、ある程度のスピードが出せれば気持ちはいいのだが、那覇市内をオープンで走るのはウンザリするほどの暑さなのである。
 そして問題はシートだ。黒のレザー、これはもう鉄板焼き状態なのだ。日中しばらく止めておくだけで、狭い室内は70度以上に上がる。しばらくは座れないほどに熱くなる。
 大好きな車だったのだが、数年で手放してしまった。今思うと惜しい気もする。

酒が安いのだ。

 沖縄に来て良かったことの一つが酒の安さだろう。泡盛は来てすぐに馴染んでしまった。もともと焼酎好きだったので、違和感なく飲んだのだが、泡盛は焼酎ではないのだ。
 最も良く飲まれているのは「久米仙」と「菊の露」だと思うが、なんといっても安いのだ。「久米仙」は一升瓶で、1000円前後。安い時は950円くらいでも手に入る。まぁ、最近は1100円前後かな。ネットで調べると1800円くらいだが、地元ではこの程度が標準だ。
 酒の味も人それぞれの好みなので一般論ではないが、僕は「菊の露」はあまり好きではない。もちろん不味いわけではないが、いまいち好みではないという程度。一方「久米仙」は久米島で作られている泡盛で僕の長年の愛酒である。ところで、「久米仙」にはもう一つ「仲井真の久米仙」と言うのがある。これは似て否なるものだ。「久米仙」は絶対に美味い!と思うのだが、後者はちょっと遠慮したい。
 アルコール度数30度で一升の酒が1000円ほどで買えるなんて、なんていい島だ。しまった、悪口になってない。

沖縄本島でダイビング

 11月にもなると海が荒れてくる。夏は毎日ベタ凪だが、沖縄の海も冬は荒れるのだ。しかし、荒れるといってもそれは風があたるリーフ、反対側は驚くほど静かなのだ。となると360度海の島では、必ずどこかは静かな海なのだ。
 しかし、現実はそう甘くない。沖縄本島でダイビングできるポイントは大まかにいって数箇所ほど、南部に2箇所、中部に3箇所ほど、北部に1箇所。実は以外に少ないのだ。さらに本島の東側は取り上げられるほど有名なダイビングポイントはない。
 東側は赤土が流れ出している場所が多く、ダイビングにはむかないのだ。実際陸上から見ても汚い海が多いのも事実だ。
 沖縄本島でのダイビングは、ボートでケラマに行くのがメインだが、海が荒れると本島でのビーチダイビングなのだが、ポイントが数カ所に限られてしまう。そうなると、そのポイントに沖縄中のダイビングショップが集中し、大賑わいになってしまうのだ。
 東側は太平洋に面しているので、魅力ある海だと思うのだが、赤土の流出は悲惨だ。何とかならないものだろうか。

アスファルトにも種類がある

 アスファルトとはもちろん道路のことなのだが、これにもいくつか種類があるらしいのだ。沖縄に来てバイクで走った時に感じたのだが、なんだかグリップが変なのだ。それは雨の日にはっきりとした。かなり滑りやすくなるのだ。アスファルトの種類が違うと言うのはその筋に聞いた話だが、耐熱用のものを使用すると滑りやすくなるらしい。
 その昔、北海道にツーリングに行ったのだが、夏の暑い駐車場、なぜかあちこちに5cmほどの穴があいていた。実はバイクのスタンドの穴だったのだ。バイクを止め昼飯を食いに店に入り、出てくるとバイクが寝ている!スタンドがアスファルトにめり込んでしまったのだ。
 寒い北海道のアスファルトは熱に弱いように、暑い沖縄のアスファルトは雨に弱いのであった。

騙された!?

 これは私の体験談ではない。友人が騙された話だ。沖縄に来てすぐの頃、職場の同僚に「ほーみ食べたか?」と聞かれたそうだ。聞けば「ほーみ」はどこの喫茶店などにもおいてある、沖縄の非常にポピュラーで美味しい食べものだそうだ。ただし、メニューには載っていないことがほとんどなので、直接店の人に「ほーみちょうだい」と言ったほうがいいよ、と教えてもらったという。
 そこで、これは是非食べようと、とある喫茶店に行き、ニコニコ笑顔で「おばちゃん、ほーみちょうだい」と注文した。しかし、彼はほーみを食べることはできなかった。それどころか「スゲー怒られて、店をおいだされた」そうだ。後に知るが、「ほーみ」は女性の○○○を指す言葉だったのだ。

泳げない沖縄人?

 沖縄は綺麗な海に囲まれているので、みんな海で遊び、泳げない人なんていそうもないイメージだ。しかし、沖縄には「泳げない」「泳がない」人が多い。ましてや「潜る」人は「海人」だけだ。
 ちなみに「海人」(うみんちゅ)はTシャツ屋さんが考えた言葉で、沖縄の漁師を指す言葉ではない。これはそのTシャツ屋さんの社長に聞いた話だからきっと正しいだろう。
 さて、「泳げない」人が多いのは実は仕方のないことだったのだ。それは小学校や中学校にプールがなかったため、子供の頃に水泳を習う機会が少なかったからなのだ。小学校の時にわずかにプールのある他の学校に水泳の授業を受けに行った、という経験を聞いたこともある。
 現在ではほとんどの小学校にプールがあるようだが、プールの時間が非常に少ない。夏休みのプール開放と言うのもほとんど聞かない。僕が小学生の頃は毎日のように学校のプールで泳いだものだが、息子の学校は7月に数回、9月にはほとんど水泳の時間はなかった。もしかしたら、先生が泳げないのかもしれない。
 「泳がない」人は海にあまり興味がない人達のようだ。日に焼けるのも極端に避ける。そして、お盆の頃は特にそうなのだが、「ひっぱられる」と海に恐れを抱く人達だ。これはもちろん沖縄戦での戦死者のことを思ってのこと、これもまた辛い歴史を通りぬけてきた沖縄の、どうしようもない感覚である。間違ってもお盆に「海に行こう」などと誘ってはいけない。

沖縄の夏は短い

 移住してきた頃は寒いなどとは思ったこともなかったのだが、やはり年々冬場は寒く感じるようになった。夏と呼べる季節は6月からだろう。GW明けあたりから入梅、その後とてつもなく暑い季節が始まる。海に入って遊べるのはそれからの4ヶ月くらいかな。
 昨日あたりから、急に気温が下がり、北風が吹いている。さすがに10月からは海水浴は無理だが、水温は12月でも26度ほど、天気が良くて気温が30度あれば10月でも海で遊ぶのは悪くない。
 なんかあまり秋春と言う感覚がなくて、夏と冬だけの感じがするなぁ。そうなると11月くらいから、4月くらいまでは明らかに冬かな??それでも11月、12月は天気さえ良ければ、決して本当に寒いわけではない。
 沖縄の最低気温である16度前後になるのは、やはり2月だな。この時期は実は天気が悪いことが多い。ほとんど曇りの毎日だったりする。寒さはまだしもこの陽射しのない期間というの気分的にいやだなぁ。
 海が好きで沖縄に来た僕としては、「ん??なんだ。夏は4ヶ月だけか」「沖縄の夏って短いな…」なんて、同じ移住組みの友人と話をしていた。

おきなわ弁当

 沖縄はなぜか弁当屋が多い。ホカ弁はもちろん普通にあるのだが、それ以外の沖縄弁当のお弁当やさんが数多くある。まぁ味の話は今回は置いておくとして、問題はその量だ。
 値段は普通サイズで350円小さいサイズで250円程度、手にとって驚くのはその重さだ。ダイエット中の僕にとっては「えっ??」と思うくらいに重い。これ食ったらこの重さ分だけ体の中に入るわけだ。明らかにサイズからは考えられない重さなのだ。
 と言うことは中に石が入っているのだ!ではなくて、ご飯やらおかずやらが「これでもか!」ってくらい積めこんであるのだ。
 「安くて量が多い」のはありがたいことなのだが、これはやりすぎだろ。さらにたいがいの弁当がそうであるのだが、しきりがあってもなくてもほとんど意味がない。ご飯とおかずは2段あるいは三段がさねとなり、渾然一体となった四角い世界は、独特の風味をかもし出すのであった。
 「ん〜〜ちょっとどうかな」って感じもする。

都市銀行はない

 御存知の方も多いとは思うが、沖縄の銀行は沖縄銀行・琉球銀行・海邦銀行の3社である。それ以外のいわゆる都市銀行はないのだ。聞いた話だが、沖縄の銀行を守るための策として本土の銀行の支店設置を許可しなかったためだとか。
 唯一存在するのが、みずほ銀行。これはもと第一勧銀が宝くじを販売するため、1店舗のみを那覇に開設許可したらしい。
 このように沖縄には内地から進出するにも色々と条件や問題があるようだ。今年で撤退が決まったダイエーも沖縄にはあるのだが、このダイエーは数年前まで「ダイエー」と言う名前ではなかったのだ。その名前は「ダイナハ」、進出に際し那覇市民に気を使っての変更だったのかな?今では懐かしい名前だ。

沖縄のヤンキー

 以前住んでいたアパートは2階建てのコンクリート製、よくある10世帯くらいの建物だった。夜遅く部屋に戻ると階段を数人の若者が占拠して、雑談中。タバコをふかしながら静かにボソボソと話をしている。高校生だろう。
 「ちょっと怖そうなな感じ…」でもここでまけてはおじさんとしては自分が許せない。どうするべきか?反対側に回れば彼らを避けて通れるが…。でもまぁ、試してみるか、「ちょっと、御免ね。そこにいると通れないしし、タバコはその辺に捨てちゃダメだよ。」と声をかけた。
 彼らの反応に驚いてしまった。「あっ、どうもすみません」と言いながら、散らかったタバコを片付け始めたのだ。さらに深深と頭を下げた。
 意外と素直なんだ、見た目は理解できなくても気持ちはすごく純粋なのだ。私の友人があるレストランで体験したことも似たようなことだった。
 案内された席の隣は、ヤンキー風の若者数人が騒いでいる、「いやだなぁ」と思っていたのだが、友人が赤ちゃんを連れていたのを見た彼らは、お互いに「ほら、赤ちゃん来たやし、タバコ止めれ…」「静かにしろ」などと言い合っている。外見だけでは判断できない沖縄の若者達なのだ。

方言はどこで聞ける?

 沖縄の方言はまるで音楽だ。それも異国の音楽である。本格的な(?)方言はそのほぼ100%が理解できない。ただ、話の内容によって、方言がないもの例えば「テレビ・携帯電話・パソコン」なんかが出てくるとそこだけが聞き取れる。これがまた非常に不思議な感覚だ。

 物珍しさで言うわけではない。同じ日本語なのに、ここまで理解できないことに感動すら覚えるのだ。しかし、どこでもこれが聞けるわけではない。那覇ではまず非常に難しい。
 この純粋な沖縄の方言を耳にするためには、沖縄中心部をはなれ中部・北部あるいは南部と向かうことだ。しかし、それだけでは沖縄の方言を聞くことは難しい。沖縄の方言を話せる人のほとんどはバイリンガルだ、つまり標準語も話せるのだ。内地から来た人間は一目でわかる。彼らは多少なまりはあっても標準語で話してくれるのだ。
 ではどうすれば本当の方言が聞けるか?それは単純だ。彼らと本当の意味で理解し合える状況を作ることだ。
最新記事  88 件
サンドイッチシャープ復活?
騙された!?
涼しくなってきた
遊園地はない
夜は松山へ
夜の街について
夜9時大型スーパーで
漫画喫茶 あかしやさんま
方言はどこで聞ける?
米軍基地がなくなれば…
波の上ビーチ
年末工事?
日曜日は何処へ?
憧れのケラマ諸島
都市銀行はない
潮見表を見る
静電気ビリビリ
晴れわたる沖縄の空
松山で一杯
酒のみが多い街
酒が安いのだ。
自己啓発セミナー?
仕事がない
左折はいつでもOK!
高速道路でピクニック?
口に出せない公園
犬はどこに行った?
慶良間諸島はどこまで?
吉野屋のシステムが違うぞ
基地のない沖縄なんて
汗かきにはつらい沖縄
寒い沖縄
学校給食が減る
沖縄料理の美味い店
沖縄本島でダイビング
沖縄美人の女医さん3
沖縄美人の女医さん2
沖縄美人の女医さん
沖縄の正月
沖縄の人はBBQ好き
沖縄の進学率
沖縄の食堂
沖縄の空は・・・うるさい!
沖縄の魚は美味くない
沖縄の学習塾
沖縄の学芸会
沖縄の夏は短い
沖縄の悪人
沖縄のヤンキー
沖縄のバイク乗り
沖縄で燻製作り
沖縄でコーヒー
泳げない沖縄人?
運転マナー
飲酒運転禁止!
違法建築?
ルートビアーは旨いか?
ラーメン怖い
マルチ商法in沖縄
プラモデルのクラブ?
プラスチックはもやすごみ
ファミレスはどこだ?
パトリオットはいいぞ!
パーラー
バイクは暑い
ネットワークビジネス
ナイチャーってなんだ?
トイレにシャワー
ダイエー閉店
ダーツバーで叫ぶ
タコスとオニオンリングの旨い店
タクシーはOK?
コンビニ天国?
オープンカーで走る沖縄の夏!
エキゾチックな街は
イルカ食べる?
アスファルトにも種類がある
やちむん
やぁ、また会ったね
てんぷら美味いか?
ちり袋?
だーだー
お茶が不味い
おきなわ弁当
あじくーたー
BBQといえば
「さ」の字違い
「…しましょうね」



Copyright © Genki,Inc. All Rights Reserved